Youko の One Shot (2007)初詣

 あ!  女の透き通るような喉の奥から静かだが 確かな声が漏れた。
かがり火がパシッと燃えくずれ 動揺を隠した足元で 紬の八掛けがキュルと音をたてて乱れた。
手にした厄除けの破魔矢が かすかに震え 落としそうになる手を慌てて握りなおし 長い石段を見上げた。
確かに人ごみの中にその人を見た いや見たように思えた。
往路と復路をロープで分けた石段は押されるままに進む人人人の波
振り向きながらも どんどんと肩を押され下へ下へと流される。
こんなに大勢の人なのに 何故か凛とした静寂の中 女の鼓動だけが早鐘を打つがごとく響いた。
花びらのように ひらっと頬にとけた八角形の結晶が遥か昔を・・ 
ひと時も忘れたことのない奥深い心の秘をにじみ出した。
樹齢を重ねた古い木立が押し殺した心の奥で潤んで歪んだ。「もう会っちやいけない人なのに」・・・・・・・・・・・・
       それでも 私の初恋が またわたしを呼んだら どうすればいい。
[PR]
# by muranakayoko | 2007-01-01 22:03