<   2010年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ぼかしのレース花

バレーのレオタードに付けるレースの花に染料で色を染めた。 細い面相筆で薄いイエローを芯のところに 
そっと載せてみる。フワーとにじんで白いちさな花ができた。
こんどは、6枚ある花びらに1枚ずつ ピンクを載せてみた。 可憐でやさしい ピンクの小花が1つ咲いた。
なんだか 頬ゆるんで 幸せな 気分に。。。。。。
テーブルの上の 沢山の花に ブル ーパープル オレンジ ピンクのパステルカラーの色が付いて
いつのまにかお花畑のようだ。。。。。
オーガンジーのスカートに沢山散らして お花のような洋服が仕上がり ゆれている。
いい仕事を選んだなーと 思う瞬間である。
可愛くて やさしい気持ちに なれる洋服で幼児期を育った子供は 間違った人生は決して送らない。
そう信じて 40年子供服を作り続けている自分にとっては 荒廃している この時代に育つ 小さな命が
どうぞ つつがなくあれと 祈るばかりだ。
[PR]
by muranakayoko | 2010-10-19 20:02

駐車場を探しながら迷い込んだ 路地を抜けると雰囲気の良い川沿いの道に出た。 古いたたずまいのちいさな橋がかかり 水面には桜の枝が伸びて さらさらと川底を見せながら流れる水と ごみ1つ落ちていない  管理の良さが この町の人々の敬謙なまでの郷土愛が見えてくる。古いものはそのまま残す この高山には何度も 来たことがあるが この道は始めて通った。古い町並みと表示のある 上三之町を筆頭に 幾つもある細い通りは 何時来ても その期待を裏切ることは無い.青い目の観光客も みだらし団子の素朴な味や 
朝市に並ぶ 山の物に 裏打ちされた 長い歴史を 好感をもって 心に刻む事だろう。
京都の川床思わせる 瀟洒(しょうしゃ)な設えでの ランチは 小糸焼の小鉢 3個にいろいろな 煮物の付いたステーキで ソースの代わりのわさびが 飛騨牛の風味をひきたてていた。ごちそうさまでした。。。。
陣屋前屋台の おみやげの みだらし団子のぬくもりが 秋の気配の中で いつまでも手のひらに残り
同行してくだっさた 友人ご夫妻に 心より感謝の プチ旅行 ちょっと息抜きの良い1日でした。
[PR]
by muranakayoko | 2010-10-18 10:10

病気のこと

骨折して 全身麻酔で手術をしたのが 引き金となり 絶対に直ることの無い 慢性腎不全と診断された。
体が溶けるように だるく ベットから起きるのもしんどいようになり、先生からは 腎貧血になっているので
毎週 注射に通うようにと 言われた。その注射はまた とんでもなく痛くて 高価。。。。。
おまけに 腎臓食の 講義を聞いて 勉強しなさい 透析にならないために。。。。
それから1年   毎週金曜日は 朝7.45に家を出て 高岡市民病院へ。。
もう 受付の人にも 看護士さんにも 顔なじみ  1度も休んだことの無い  優等生。。。
月末の金曜日は 注射の他に 血液と尿検査が加わる。
検査結果をもらう時は なぜか通信簿をもらう時とよく似た 複雑な気分。。。。
まずくて 高い 腎臓食で頑張った結果は どうかな?
これも定めなら 受けて経つしかないと 強がってみても 体がついてゆかない。。。
行けるとこまで 行くだけさ カラッと楽しく と 悟って 観念するしかないだろう。
[PR]
by muranakayoko | 2010-10-17 08:26

フロント越しにふと見上げた先に いわし雲が広がっていた。抜けるような青空にではなく ピンク、オレンジ、
紫、薄緑,黄色、などのパステルカラーに縁取られた いわし雲である。なんと美しい。。。。。
 そういえば しばらく空を見ると云うなどと ゆう時間も無い 追われおわれの明け暮れであった。
毎日ニュースに報じられている チリの鉱山の人たちは 70日間も空を仰ぐことも出来ない境遇の中 地上に出て サングラス越しに見た 空の色はどうだったのだろうか。。。。
いつでも手にすることの出来る ありがたさを ともすれば 忘れがちな日々を世界中の人々に今一度考えさせる 33人のすばらしい仲間達に 賞賛の拍手と その時の結束力がいつまでも 色あせないよう祈りたい。
[PR]
by muranakayoko | 2010-10-15 19:32